プジョーを売却する時

f0184639_9425767.jpg

輸入車としては手頃な価格の、コンパクトカーを主力とするのが特徴で、ライオンマークのエンブレムで知られる自動車メーカーのプジョー、売却することを考えています。
まず、その2010年式プジョー 206 XSの下取り査定をする予定にしています。
輸入車だけに、どのようにしていけばいいのかを色々調べてみましたが...。

下取りした車については、販売店サイドにとっても処分するなど、経費になる場合がありますよね。
自分の車の下取り価格の相場を知っておかないと、損することが多くなるので気をつけることが必要です。

しかし下取り価格が、自分の考えていた価格より低い場合は、買い取り専門の店に売却するのもよいのだそうです。
基本的には、下取りより、買い取り、の価格の方が高いと言われています。
下取りと購入が別の店になるので、そこのところが面倒ではありますが、やはり安い買い物ではないので、より高く売却したいですよね。

さて車買取相場は、ベンツ、BMW、フェラーリなどの高級車は別ですが、高い順に、国産車の普通車、国産車の軽自動車、輸入車、というような順番が一般的だそうですね。
そして輸入車も、古いほど車買取相場は低いと思うので、注意とのことです。

輸入車を売却する時には、できれば国産車を扱っている買取業者よりも、輸入車専門店に売却した方が、少しは査定額も高くなるということのようですね。
[PR]
by soft911 | 2017-02-23 14:15 | 車関係