カテゴリ:市場調査( 10 )

食品モニター会社

インターネットが普及した今、色んな方面で行われています、最近流行りの商品モニター
ずいぶん儲かる商売です。

食品モニター会社を例にとりますと、
食品を作っている製造会社から、試作段階の商品のモニターによる試食を実施して、その結果を報告するという仕事があります。

食品製造会社にとって、商品企画や開発は最も力を入れるところです。
莫大な費用と年月をかけて、1つの商品を生み出しているわけですから、出来上がった商品が売れるかどうかはとても大切なことです。

そのために、社内の人間ではなく、できあがった試作品を、客観的に見てくれる人が必要なのです。
そこでこのように、モニター調査を行っている、会社のニーズが高くなり、あちこちの会社で利用されるようになり、今儲かる商売として注目されているのです。
[PR]
by soft911 | 2013-11-14 09:00 | 市場調査

健康食品の市場調査

健康指向が高まる現代において、食品に対する消費者の求める志向は年々変化しています。
その変化の仕方は実に多種多様ですが、まず言えることは消費者の知識が高まっている、ということです。

残留農薬や添加物がニュースで取りざたされ、ただスーパーに並んでいるものを購入することは危険ではないか、との考えがわたしたち消費者に生まれました。
食品は健康食品が注目を浴びるようになり、それを受けて企業側も健康をうたった製品を投入するようになっています。

企業側は新しい動きや流れをいかにキャッチするか、どのように市場を展開していくか、市場調査を利用することは必要不可欠です。
インターネット上でも健康食品項目を掲げた市場調査報告を数多く目にすることができます。
ある健康食品に関する市場報告書によると、日本のみならず、欧州・米国・中国など世界の市場を対象に、カテゴリーを「健康食品」と絞って調査しています。
調査報告書を依頼することによって情報を得ることができます。

健康食品のマーケットレポートは、有機食品、活性食品、栄養補助食品、ダイエット、オーガニック、サプリメントなど細かく項目をわけてレポートを報告しています。
レポート作成も大変興味深く、たとえば特定補助食品を取り上げている項目は、「ヨーグルト」といったようにその中で食品ごとに市場調査を行っているのです。
レポートでは男性のヨーグルト消費動向、フレーバー傾向など戦略を含めた情報を知ることができます。

まず最初に、市場調査を活用して健康食品の動向を戦略へ組み込むことが第一となります。
[PR]
by soft911 | 2010-08-08 18:26 | 市場調査
市場調査をする方法の中には、電話を使って調査をする方法があります。
これは、固定電話がほぼ全世帯に普及しているという背景があるからです。
現在でも新聞社などが採用している市場調査の方法は、電話による調査方法です。

家々に訪問する調査から、電話による調査へ変わってきた理由には、先にもあるように固定電話の普及がありますが、訪問による調査と比べてコストがかからないという要素が大きくあります。
調査員はオフィスを動くことなく次々と問い合わせることが可能ですので、時間というコストもかからない調査方法として大きなメリットがあります。

また、電話による調査のメリットとして、調査結果に良し悪しの差が出難く、市場調査の事前に設定された基準に沿ったものが、比較的均一してまとめられることにあります。
電話による市場調査は、調査員たちが同じ1つの場所で一斉に行うことが可能であることから、調査員同士がお互いにフォロー・サポートし合える体制でできるため、この差を最小限にすることができます。
訪問による調査方法だと、調査員に質問の上手い下手があるため、持ち帰った調査結果の良し悪しに大きく差が出てくることがあります。

しかし、特に近年ではプライバシーや個人情報の問題などがあり、電話帳などに電話番号を掲載しない家庭が増えている傾向にあります。
全国で約60%は掲載されているそうですが、地域によっては50%を下回ることもあります。
都心での女性の単身世帯の場合は、その9割以上は電話帳への掲載をしていません。
電話番号がわからなければ調査することができませんので、このような近年の傾向を考えると、電話による調査方法にも大きなデメリットがあります。
[PR]
by soft911 | 2010-08-06 10:39 | 市場調査

市場調査を行う前に

市場調査の方法には、直接訪問してアンケートを取る方法や電話で尋ねる方法、郵便でアンケートなどの調査票を配って返信もしくは回収する方法、人を集めて議論させる方法、インターネットを利用する方法などがあります。
これらの方法には、かかるコストの大小やメリット・デメリットなどそれぞれありますが、まず市場調査を実施する前に準備が必要です。その準備とは、市場調査を行う際にかかる費用(お金)を用意することも、スケジュール(調査期間)を設定することもそれに当たりますが、それよりも大切なことは市場調査の目的などを定めることです

特に企業での市場調査は、マーケティングの一環として実施することが多いです。そうであるならば、何のための調査なのか、ということはとても大切なポイントになります。そして、その目的に適当な調査項目・調査方法を定めなければなりません。この2点は決めておかないと、調査する項目が際限なく出てくることになり、労力をかけて収集した割には結論にたどり着かない調査に終わってしまいます。

また、市場調査を実施する前に、調査結果から何が導き出されるのか「仮説」を立てておくことも重要です。それがわからないから市場調査を行うのですが、マーケティングの一環としての調査であるならば、調査結果だけを見るだけではなく、仮説との比較が重要です。仮説と調査結果にどのような違いがあったのかを見ることも、市場調査の目的です。
[PR]
by soft911 | 2010-08-01 17:25 | 市場調査

市場調査の集計と分析

市場調査が実施された後は、調査データを集計します。
持ち帰られた調査データは、主に2種類の性質のデータに分類されます。

その1つは、数値で集計・分析することのできるデータです。
このデータのことを、「定量データ」と言います。
企業などの事業活動においては、この定量データを基に経営判断するものなので、市場調査の上で最も大切な情報と言うことができます。
アンケートなどの調査票の質問が、いくつかの選択肢で選ばせる形式のものが多いのは、定量データの方が集計し分析しやすいからです。
アンケートのほか、例えば商品別・店舗別の売上データや顧客の属性情報(性別・居住地域・職業など)なども定量データに当たります。

もう1つは、定量データ以外の文章・画像・音声・映像などのデータです。
これらのデータのことを、「定性データ」と言います。
定性データは、定量データのような集計・分析ができないため、経営判断など比較的大きな結論を出すための材料としては不向きなものです。
経営者よりも、顧客に密接して市場調査を仕事としている、マーケターと呼ばれる職種の人が大切にする情報です。

集計が終わると、次は定量データの平均値や分布などを見る分析に入ります。
分析の方法によっては、思いもよらぬ事実を発見することができることもありますが、市場調査の集計を分析することは、一般的に難しいと言われ、分析者の判断力によってその結論が大きく左右すると言われています。
集計された定量データ・定性データを分析する方法として、ソフトウェアなどを使う方法もあるようです。

市場調査の本来の目的はその分析結果を活かすことにあるため、市場調査そのものよりも、事前の目的の明確化や事後の活用の方が難しいようです。
[PR]
by soft911 | 2010-03-10 19:20 | 市場調査

市場調査の調査方法

店頭に並ぶ商品、日常利用しているサービスは、常に改良されたり、新たに開発されたりしています。
そのために重要となるのが、「市場調査」です。
市場調査により出された、消費者の意見や感想が、商品の改良や開発のために大きく反映されるのです。

では、この市場調査とは一体どんな方法でされているのでしょうか?
市場調査の方法はいくつか種類があります。
まず、最近急激に増えたのが、インターネットを利用したアンケート方法です。

近年、インターネットの利用者が急激に増えたのが大きな要因ですが、インターネットでの市場調査の場合、比較的低予算でできると言うのも大きな要因ではないでしょうか。
従来からあるアンケート方法も含めて、この方法が一番、手っ取り早く、受ける側も答えやすいのが大きな特徴です。
ただ、手軽なだけに、質問の答えは簡単に出せるけれども、実際にその商品を購入するか?と言ったらそうでもない場合も多いことがあるため、その調査結果がすべてではないということが大前提になってしまうことがあります。

他に、面接による調査方法があります。
これは、対象の顧客層に対して、30分?1時間位かけて、ありとあらゆる質問を投げかけ、回答を得ることにより、顧客層について深く調査できる方法です。
それにより、商品開発、改良だけに留まらず、売り込み方法までもが見えてきたりもする優れた方法です。

後、実験や観察による調査方法があります。
これは、これからマーケティングしようとする商品やサービスを実際に利用してもらった顧客からの反応を調査するものです。
実際に利用した顧客からの反応は大いに役立ち、改善点がはっきりする方法です。
[PR]
by soft911 | 2009-10-14 07:59 | 市場調査

市場調査の手法

仕事を成功するために、目的を成就するために、など市場調査を利用する理由はさまざまです。
どんな目的にせよ、しっかりしたマーケティングを行い的確な資料を調べることができることが第一条件になります。そのためには、市場調査を依頼する会社選びをしっかりすることが大切です。
ホームページなどでその会社の情報をしっかりと把握し、依頼する案件がその会社にとって得意分野、もしくは専門分野であるかを確認してみることも必要なことです。

加えて、市場調査の調査手法を知ることも信頼性があるかないかを図る大きな基準です。
市場調査の手法では、まず代表的な「アンケート調査」があります。
アンケートの仕方は郵送とインターネットがあり、現在ではほとんどインターネット調査が行われることが多いです。

これには理由があり、ただ便利であるから以外に調査コストの低価格や調査範囲を限定せずにすむ、など市場調査には欠かすことのできない要因があります。
ただ、問題点もあります。
それは、回答が毎回同じ人という可能性があり、実際にアンケートに答えていただきたい人への質問には向いていないということも言えるからです。

次に、「文献調査」の手法です。
公開されている文献を調べだしますが、この手法はコンサルタントのように専門知識者ができる仕事になります。
ほかにも「ヒアリング調査」「グループインタビュー」があり、問題の抱えている事柄を質問することによって中立の立場でその答えを聞きだしていくのです。

これらの市場調査の手法を組み合わせることにより、その目的にあった調査を進めることができたり、分析への近道になったりとあらゆる分野で調査は生きてくるのです。
[PR]
by soft911 | 2009-09-11 08:07 | 市場調査

市場調査会社とは

市場調査を事業内容としている会社は数多くあります。
市場調査と言っても調査できる分野は無数にありますので、市場調査会社にもそれぞれ得意としている専門分野があります。業務としてどこまでできるのかも市場調査会社によって様々ですので、数多くあるのも不思議ではありません。

企業などが市場調査会社の利用を考える場合、どの会社を選ぶのかは難しいことです。一言に市場調査会社と言っても、それぞれが持つデータベース量や調査方法には違いがあります。
1つは、大きなデータベースを持っている会社などで、その数値をベースにした分析した情報を提供する形式です。
もう1つは、大きなデータベースを持っていない会社などで、主に調査対象に直接働きかけ(アンケート・ヒアリング等)情報の収集と分析を行うという、調査代行に近い形式です。
どちらの形式を利用するかによって、出てくる結果に大きな違いが出てくることは間違いありませんので、双方の特徴を理解した上で、目的に合った会社を選択することが大切です。

更に、市場調査会社を選定できたら全て丸投げして終了ではなく、こちらの調査目的や内容、背景などを正確に伝えなければなりません。
良い調査会社を選択できたとしても、調査目的が正しく伝わっていなければ、こちらが期待しているような調査・分析結果が出てくることは考えられません。
市場調査実施において、その目的・内容の明確化は大切ですが、調査会社に委託する場合でも全く同じです。
このような肝心な部分が欠けているため、的確な調査・分析がなされないケースが多くあるようです。
[PR]
by soft911 | 2009-08-02 15:10 | 市場調査
市場調査の方法の中で、調査員がアンケートを持参して直接訪問して回る方法があります。市場調査の調査員は、回答者の前でアンケートに書かれている質問事項を読み、その回答をその場で記入していくものです。

訪問による調査は、古くから現在もなお効果の高い市場調査の方法として利用されています。
その理由には、住民票や選挙人名簿などをベースにして訪問していくので、調査結果の信頼性が高いことが挙げられます。
また、調査員が回答者と直接面等向かって行うものなので、データの質がより良いものが得られることにもあります。調査内容によっては、資料や商品などを実際に見せて調査することができる点も、訪問による調査のメリットです。

比較的回答者の協力が得やすく、質の良いデータを収集することができる市場調査方法ですが、その一方で調査に要する時間がかかってしまうというデメリットがあります。特に現代では、時間的に余裕のある人が少なく、あまり家にはいない若い人のデータが回収できないことはその1つです。また、調査に要するコストがかかってしまうこともデメリットの1つです。元々時間のかかってしまう調査方法ですので、短時間で実施したい場合は大量の人員が必要になります。つまり、人件費(コスト)が非常に大きくなってしまうということです。

訪問による調査の対象は、一般世帯だけではなく、企業もその対象になっています。近年では、お客を装って運営の状況やサービス・セールストークなどを調査することも少なくありません。
[PR]
by soft911 | 2008-11-16 19:13 | 市場調査
市場調査を調べると、「消費者のニーズ及びウォンツを調べること」もしくはその「手法」とあります。企業等が新しい企画を考えるときの市場調査とは、度々マーケティングと同じ意味で使われているようです。ちょっとわかり難い感じがしますが、市場調査とマーケティングは全く同じものなのでしょうか。

マーケティングを調べると、顧客の調査と分析、商品開発、宣伝・広報、営業、流通、販促などの企業活動がマーケティングとあります。市場調査とは、このマーケティングの中の一部分であると言えます。この市場調査という土台を基に商品開発が行われ、宣伝・広告や営業とつながっていきます。

市場調査とマーケティングとの差は、過去を見るのか、もしくは未来を見るのか、という「視点の違い」であるようです。市場調査は「現在はどうあるのか」を調べるものなので、過去から現在が調査の対象となります。
一方でマーケティングは、「今まではこうあった」から「これからはどうなのか」を予測するものですが、未来を予測するための調査の対象は、基本的に市場調査と同じです。
このことからも、市場調査はマーケティングの一部であるとわかります。

マーケティングの一環として市場調査を行う場合、単に現在のデータ収集に止まってはいけないということになります。マーケティングにつなげるためには、市場調査から得られた過去から現在のデータを基に、未来を読む(予測する)作業を入れることが必要になるということです。
[PR]
by soft911 | 2008-10-23 17:10 | 市場調査