プジョー208の評価とプジョー207の下取り価格

輸入車としては手頃な価格の、コンパクトカーを主力とするのが特徴で、ライオンマークのエンブレムで知られる自動車メーカーのプジョーを、売却し、新しいプジョー208に乗り換えることを考えています。
まず、そのプジョー207 2011年式の下取り価格の査定に出す予定にしています。

では今度乗り換える新しい車、プジョー208の評価ついて見ていきましょう。
デビューは 2012年11月、マイナーチェンジ/一部改良は、2015年10月に行っています。

フランス車らしいおしゃれな雰囲気が漂う、ベーシックなコンパクトカーです。
1.2リッターの ANA&ターボを搭載する標準車のほか、
1.6リッターターボを搭載する、GTi もラインアップします。

標準車のほか、専用サス、トルセンLSD など、スペシャルなチューニングを受けた、
「208GTi b y プジョースポーツ」にも注目が集まっています。

初めて輸入車のフランス車に乗ってみたい人へ、エントリーモデルとして最適の1台です。
[PR]
by soft911 | 2018-09-14 10:40 | 車関係